【文章】やっちゃった・・・by miri

文章
やっちゃった・・・  投稿者:miri

私の行きつけのマッサージとエステの店で、お気に入りの男性スタッフにいつものようにマッサージをされていました。
いつもは肩こりと腰痛で行くんですが、脚のムクミと太さが気になって、それらもやってもらっていました。
当然、脚の付け根のリンパもやるのですが、あと数センチで大事な部分かと思うと、なんか興奮してきてしまいました。
そして、いつもと同じように腕の付け根のマッサージをしてもらっている時、普段はなんとも思わないのに、乳房の横の部分にあたる彼の手の甲が気持ちよく、さらに興奮・・・。
うつ伏せになって、お尻の下の際をマッサージしてもらっている時にも、あと1、2cmで大事な部分かと思うとまたまた興奮・・・。
内腿を外側のグイッてされた時に、私の大事な部分が「クチャ」っと音を立てたときには、もう隠れてしまいたいほど恥ずかしかった。
コースの時間が過ぎ、彼は何事もなかったように、いつもちょっとクールな横顔で「ありがとうございました。」と言って出て行った。
きっと、いつもと感じが違うのに気付かれたに違いない。。。
私は彼が出て行った後、大事な部分をチェックすると、洪水状態になっていました。
慌てて、ティッシュであそこを拭き取ろうとしたけれども、もうあそこはHな妄想で感じまくりの状態になっていました。
我慢できず、声を殺してあそこを弄ってしまい、ほんと、恥ずかしいくらいアッという間に、いってしまいました。
小さく、「うっ!」と声を出してしまったあと、急に恥ずかしくなってきて、疑われないように急いで着替えると、待合室に戻る私・・・。
何事もなかったようにお会計を済ませ、数分話をして、次回の予約を入れていつのもように家路につきました。
そして、その日は、寝る前にも体に残っているマッサージの余韻を感じながら、もう1回・・・。
次、お店に行った時も感じてしまうのかしら、とちょっと不安な反面、さらに過激なリクエストをしようかと楽しみでもある私でした。
これから、思い出しながら、妄想を膨らませてもう1回します・・・。

タイトルとURLをコピーしました